※ただいませっせとサイトメンテナンス中です。記事は読めますが質のバラツキがあります。「人気順」の上位記事が読みやすくておすすめです。とはいえお好きな記事でどうぞごゆるりとお過ごしください。
CATEGORY

心の癒し方

  • 2022年6月23日

人は弱いから逃げればいい。そして、できれば生きて。

人生においてニッチもサッチもいかなくなっとき、まだ動ける状態であれば誰かに助けを求めればいいと思います。

ひとりで生きていくのは難しい。

大切な人に生きていてほしい人と生きるのがしんどい人へ独り言を失礼します。

愛すべき人を失うと生きるのがしんどい

「生きるのがしんどい」と口にする親御さんやお子さんと、私はお話しする機会をたまにもつます。そのしんどい人々とは親子の関係を搾取された環境で生きる誰かです。 言い換えると「愛すべき人」「愛されるべき人」と愛を共有できなくなった人たちです。  続きを読む

  • 2022年6月17日

別居親はなぜ辛い?子どもへの〇〇を断ち切れ!

愛する我が子の成長に寄り添えず、子どもと暮らせない別居親は、なぜ辛い気持ちになるのでしょうか? 

我が子が元気かと心配するのはもちろん、誕生日やお正月などのイベント時期になると、別居親はえも言われぬ感情に襲われがちになります。 

私も行き場のない感情にさいなまれるときがありますが、悲しいかな自分で解決するしかありません。

なぜ別居親が辛くなるのか?  続きを読む

  • 2020年10月2日

外の世界を知る魔法!連れ去られても子供が元気なら案外幸せ?

外の世界を知れば知るほど、自分のおかれた環境は、案外幸せかもしれないと思える今日この頃です。 

別居親さんや連れ去られ親さんは苦境の日々が続き、絶望を感じている毎日かもしれません。 

タロウとジロウを不覚にも連れ去られた私は、月並みですが胸が引きちぎれるような日々です(※私も連れ去ったけど)。 

でも、マダ夫から逃げて再会しようと決めてから今まで、ふとした時に、不幸ではなくむしろ幸せかもと頭によぎらなくはない(※どっち?w)。 続きを読む

  • 2022年6月4日

人間関係を円滑にする方法|相手の問題と自分の問題を切り離そう!

人間関係を円滑にできれば、生活や人生におけるトラブルをかなり減らせそうです。

社会生活を営むうえで問題となりやすい人づきあい。 

人間関係さえうまく構築できれば、それなりに楽しい人生が送れるといっても過言ではない・・・と、 

 

タロウとジロウをマダ夫に連れていかれた母は、物思いにふける今日この頃です。 

 

お互いの人間性が未熟なためにコミュニケーションをうまくとれず、人間関係を悪化させる良い(?)例が離婚です。  続きを読む

  • 2022年6月14日

正義の押し付けは人間関係を破壊させる/他者目線をもつ優しさとは?

自分の正義を他者に押し付けると、人間関係は破綻する方向へと進んでいきます。 

代表例は戦争。自国の正義を譲らずチカラワザへと発展した最終形です。

夫婦関係の破綻も同じ。

私は息子のタロジロたちと暮らせなくなってから、自身の内面と向き合う機会が多くなっています。

裁判所や弁護士と携わり、審判や抗告審の棄却を経た経験においても、学びが山のようにありました。

今回は他者目線をもつ優しさについて考えてみます。 続きを読む

  • 2022年3月1日

認知の歪みを治せずピンチ!敵帰属バイアスの原因と解消法とは?

敵意帰属バイアスは、なんでもかんでも悪意に感じてしまうはた迷惑な認知の歪みです。 

はた迷惑なのでイラッとしますが、しつこく続くと笑えてくる認知の歪みでもあります。 

そんな敵意帰属バイアスをバンバン被り続ける私。愛息子のタロジロもバンバンに迷惑を被っており情けない限りです。 

 

別記事でも敵意帰属バイアスについてふれましたが、その解決方法を小耳に挟んだので記録します! 続きを読む

  • 2022年6月14日

なぜ話が通じない?敵意帰属バイアスの恐怖!!

いくら説明しても話の通じない相手と会話するのは一苦労です。

めいいっぱい丁寧に伝えても、
こちらの話には一切耳を傾けず、
同じ言い分をしこたま繰り返すような、
面白い人に遭遇した経験はありませんか?

私は人生で初めて話の通じない人に出会いました。 

 

マダ夫(※2021年2月「モト夫」へ)です。 

 

夫婦関係が悪化していくなか、私はマダ夫のことを「理解力のない人」と思っていました。  続きを読む