子の引き渡し・監護者指定の審判の進み方|親と会わずに終了!?

子の引き渡し・監護者指定の審判の進み方を、私の事例でご紹介します。 

家庭裁判所によって方法が異なるので、詳細は管轄の裁判所を使い慣れている弁護士か裁判所に尋ねましょう。 

当たり障りのない回答しか返ってこないかもしれませんが・・・w  

 

 

ものすごくざっくりした進み方は以下のようになり、「審判前の保全処分」ありきの進行方法です。

 

 

申し立てをする 

↓ 

期日に 

裁判官からの聞き取りとこちらの主張の訴え

(×複数回) 

↓ 

調査官調査が期日のどこかで入る

↓ 

調査官調査の報告を受ける

↓ 

審判前の保全処分が叶わなかったら

監護者指定の審判へ移る 

↓ 

期日に

裁判官からの聞き取りとこちらの主張の訴え

(×複数回) 

↓ 

結審(判決がでる)する 

 

 

 

 

この場合の調査官調査とは、子ども関連の事案でよく登場し、裁判所の職員である調査官が両親と子どもに対してする聞き取り調査です。 

調査官調査は審判前の保全処分で実施され、結果がほぼ審判の結果となるので超重要ポイントになります。 

裁判所はそんなこと教えてくれませんが、弁護士は教えてくれるでしょう。

 

 

 

 

 

さて。 

初めての審判では、自分の認識とかけ離れすぎてオッタマゲルケースがあります。 

かくいう私もオッタマゲ場面が多々あり、今でも処理しきれないモヤモヤが残存中w 

一記事では収まりきらないので、私が一番驚いた出来事にフォーカスしてみます。 

 

それは・・・ 

 

 

 

審判(裁判)官がマダ夫と一度も会わずに結審した!! 

 

 

 

・・・え!?驚くのは私だけ??  

 

 

 

 

誰かを訴えるような形で裁判所に問題解決をお願いしたら、裁判官が双方の話を聞く場面が必ずあると私は思っていました。 

しかし、勝手な思い込みでは支障をきたします。 

審判をはじめて申し立てた私は、「子の引き渡し・監護者指定の審判」の一般的な進み方を代理人弁護士に質問。 

 

 

一般的には審尋(しんじん)がある」との回答を得ます。 

 

 

この場合の審尋とは、 

裁判官が申立人(私)と相手方(マダ夫)と会話して事実関係を整理する 

という意味で、審尋そのものは口頭や書面による陳述をさします。 

 

 

さらに、「子どもに関わる案件なので、審尋がないとは考えにくい」との説明も弁護士よりゲット。 

代理人弁護士からの言葉に少し安心した私ですが、実際は真逆で進行していきます。 

(※私は審判と離婚調停を各々異なる弁護士に依頼しています。調停の弁護士は途中で解任) 

 

 

ちなみに。 

安心した理由は、まだ夫の主張書面内容の矛盾点を、審尋によって明らかにできる自信があったからです。 

審判に限らずですが・・一つでもウソをつくと、その後の話のつじつまは合わなくなっていきます。 

面白内容満載のマダ夫の主張書面は、事実関係を問いただせば、しがない言い訳になる主張が多かったので、審尋でツッコむ作戦にしていました。 

 

ちなみにちなみに。

マダ夫は自身の面白主張を、ウソ偽りのない主張だと本気で思い込んでいます(※たぶん)。 

DVやモラハラ気質のある方の代表的な思考だと思われます。。 

簡単にいうと認知の歪みです。 

 

 

たとえば、 

モラハラさんが、黒ゴマがキャビアであるといえば、何が起ころうとも黒ゴマはキャビアですw 

黒ゴマやから食べてみ~というと大変なことが起こります(※ご想像にお任せします)w 

てか、仮に食べたとしてもキャビアのままです。  

 

日常生活でこれが続くと、正気を保つのが困難になります。 

キャビアが黒ゴマになってラッキー!と思える精神力が今ならありますがw

 

 

 

 

 

話を戻しまして。。 

なので、第三者のいる場所でやり取りすると、ボロボロボロボロとマダ夫はボロがでるはずなんです。 

この辺りは、書面のみでは第3者が判断しにくい内容になるので、直接的な会話がキモとなります。

 

 

 

ところがどっこい! 繰り返して恐縮ですが・・ 

審尋なーーーし!! 

 

 

 

子どもの親を判断する案件で、その親に会わずに判決だすんかーーーい!? 

びっくり仰天です・・・。 

 

あ、そうそう。 

私は6回以上もの期日にもれなくフル参加。 

 

マダ夫は第一回期日のみの参加ですが、審判(裁判)官とは会わずじまい。 

双方の弁護士に今後の方針を説明するだけの期日だったためですが・・・ 

そんなつまらん伝達事項のみに期日使うんかい! 

と、これまた驚いた私です。 

忙しい職種の大人ばっかりやのに時間の使い方ヘタすぎるやろw

 

 

期日は月1回を目安に開催するので、裁判所での話し合いには、とんでもなく時間がかかります・・・。 

 

代理人を立てているので、本人が裁判所に来る必要がないといえばないのです。 

本人が参加すると話がややこしくなるから、裁判所と弁護士の仕事を円滑に運ぶには、当事者はきっとお邪魔虫でしょう。

 

 

しかし、、 この判決には驚くべきからくりがありました(※たぶん)。  

即時抗告(※家裁の審判に不服の場合に、高裁へと申し立てること)して結果がでた後に気付くのですが・・ 

 

時すでに遅し。 

 

裁判所に不慣れな一般人なら、弁護士がきちんと伝えてくれないと、私と同じ勘違いをすると思います。 

人生のターニングポイントを選択肢の欠落した状態で決断した私・・・やっぱりアホですw 

 

 

 

 

まとめ。 

子の引き渡し・監護者指定の審判は、当事者が審判(裁判)官と会わないまま結審するケースがある! 

 

 

タロウジロウ~ 

お父ちゃんの弁護士さんが、 

「タロウとジロウがお母さんに嫌われたくなくてウソついてるかもしれないでしょ」 

て、タロウとジロウの要望に対して言ってた。 

 

お母ちゃんは、家族のお話をタロウとジロウとするときは、いつもそこに気をつけています。 

タロウとジロウの本心をたびたび確認するのは、二人が幸せになってほしいからです。 

 

タロウとジロウはお父ちゃんもお母ちゃんも大好きやもんな。 

 

弁護士さんには、そのお話をお父ちゃんに置き換えて、お父ちゃんにしてあげるように伝えておきましたw

伝わるといいね。 

 

お母ちゃんはタロウとジロウを愛する息子であると同時に、一人の人間として大切に想っています。 

子どもにも「人権」という権利があるんや。

気にせえへんか勘違いする大人が多いけどな。

タロウもジロウも幸せになる権利をもっていること覚えていてください。 

大人に負けずに自分の意思を強くもってください。 

 

お母ちゃんは全力でタロウとジロウをサポートします。 

でも、よくへこたれるから、こないだみたいに励ましてなw

 

いつもありがとう! 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと大丈夫。 

あなたも頑張って。