※ただいませっせとサイトメンテナンス中です。記事は読めますが質のバラツキがあります。「人気順」の上位記事が読みやすくておすすめです。とはいえお好きな記事でどうぞごゆるりとお過ごしください。

調査官調査がウケる!?子の引き渡し審判における我が家のケース

調査官調査というシステムが裁判所にはあって、調査官が関係者に直接聞き取りをし、その結果を裁判所に報告します。子の引き渡し審判では超重要ポイント。なぜなら!

調査官調査の報告はそのまま結果につながるといっても過言ではない!!

ですが。慣習的な重要ポイントなので裁判所はそんなこと教えてくれません(※母ペディア)。終わってからその重要性を知り、憤る方や悲しむ方がたくさんいるようです。

我が家のケースでの調査官調査をかいつまんで紹介します。

子の引き渡し・監護者指定の調査官調査にびっくり仰天!

我が家における「子の監護者指定・子の引き渡し」の審判でも、調査官調査が実施されました。結果は以下の通り。

調査官
父親が子どもたちをみてて問題ないよ~ 

調査内容は「タロウとジロウはお父さんとお母さんとどっちの元で監護されるのがふさわしい?お父さんのとこで大丈夫?」です(※母ペディア)。

調査官調査の内容はこんな ↓ 感じでした。

・裁判所にて私とマダ夫に聞き取り調査
・マダ夫の自宅の様子を調査
・マダ夫の自宅でマダ夫の両親に聞き取り調査
(※両親=監護補助者)
マダ夫とマダ夫の両親がいるマダ夫の自宅 にて子どもたちに聞き取り調査 

そしてそしてあらびっくり!

  • 私の自宅の調査なし
  • 私の監護補助者の調査なし
  • タロジロ個別での調査なし

タロウとジロウが自身の意見を素直に述べられる環境で、調査されたか否かは一目瞭然です。

調査官調査の我が家のリアル

調査報告書には「調査の目的を子どもに説明した」とあります。調査官調査後の面会交流での息子たちとの会話はこんな感じです(※短縮バージョン)。

タロウ
家に女の人がきていろいろ聞かれた~
ジロウ
来た来た~
そうなんや~。誰が何のためにお話ししに来たん?
タロウ
知らん。お母ちゃん知っとんの?誰なん?
ジロウ
一緒に遊んだで~♪

 

子どもたちは家庭がゴタゴタしていると分かっているので、調査官調査のことを教えました。

タロウ絶句!
ジロウきょとん。

タロジロは誰からも調査の理由を知らされていなかったようです。自分たちが調査官に話した内容が、裁判所に報告されることも知りません。その報告が自分の人生を左右するかもしれないことも知りません。

お話しした相手が、裁判所の職員なり調査官なりであることすら知らなかったようすです。調査報告書を読んで予想はしていましたが私も絶句。

タロジロは裁判所にもう一度話をしたいとお願いするように私に頼んできました。

タロウ
マレーシアのことちょっと嫌な風に言うてしもたから、ちゃんと言い直したい!
ジロウ
お母ちゃんと住みたいって言ってへん!


とにかく、なんなんやろ、謎や。

調査官調査や裁判所での子どもの扱い

裁判所は子どもの幸せを一律平均にし、子どもを赤ちゃんのように扱います。「子の福祉」という言葉が裁判所では何度もでてきますが、同居親もしくは親権者さらには裁判所が、都合よく利用しているだけのように思えます(※母ペディア)。 

子どもや家庭によって幸せの形はそれぞれです。タロウもジロウも説明すれば考えて行動できます。

うちの子アホちゃうで!?
てか、子どもなめんなよ!

もちろん子どもを両親の争いごとに巻き込むのは好ましくありません。しかし子どもたちへの誠実な対応は大切です。

私は調査官調査のやり直しをもちろん上申しました。結果やいかに!審判が進むにつれて、敵はマダ夫ではなく裁判所かもしれないと認識しだす母です。

いやいや父は敵ではない。はず。

タロウもジロウも裁判所に自分の意見を伝えたいってよう言うた!お母ちゃんできる限りのことした!




きっと大丈夫。
あなたも頑張って。

「母・遠隔育児中」と「note」 の更新をお知らせします!!