人は弱いから逃げればいい。そして、できれば生きて。

人は一人で生きていくのは無理だと思う。  

人生においてニッチもサッチもいかなくなっとき、まだ動ける状態であれば、誰かに助けを求めればいい。  

「生きるのがしんどい」と口にする親御さんやお子さんと、お話しする機会をたまにもつ私。 

そのしんどい人々とは、「親は我が子」「子どもは実母や実父」との関係を、搾取された環境で生きる親子のどちらかです。  

  

言い換えると・・・ 

本来、「愛すべき人」「愛されるべき人」と愛を共有できなくなった人たちです。 

どんな親子であろうと、子どもも親も互いに愛されたいし、愛してあげたい気持ちを、根っこの部分でたぶんもっています。 

この愛し愛される関係を阻害されると、生きるのがしんどくなるのかもしれません。 

 

大切な人に生きていてほしい人と、生きるのがしんどい人へ、独り言を失礼します。

 

生き別れた親子は人生から逃げ出したくなる

離婚によって片親と生き別れになる子どもは、年間約15万人ずつ日本にて発生。未婚などを含めるともっと多いはずです。 

 

父親(母親)に会えない友人や知人があなたの隣にいませんか?

我が子に会えない友人や知人があなたの隣にいませんか? 

 

親に会えない子どもは親への葛藤を抱き続けます。

我が子に会えない親はふと絶望するときがあります。 

 

たとえば・・・ 

私の息子のタロジロは、父親によって母親に自由に会わせてもらえません。 

大好きな父に不信感を抱き、会えない母に捨てられるのではないかと、小さな心に恐怖を抱いています。

幸い(?)にも、私とタロジロは時間共有を多少できるので、互いの愛や問題を意識的に確認し、心理的なトラブルを最小限に抑えられているのでマシです。 

それでも、ふとした時に私は絶望に押しつぶされて、「生きるのがしんどいな=死にたいな」と感じる瞬間があります。

 

・・・3秒ぐらいね・笑。

 

あなたの友人や知人は大丈夫? 

そして、 あなたは大丈夫?

 

逃げて環境を変えよう!人は想像以上に優しい

私とタロジロのように、意思疎通している親子でもこんな調子なので、生き別れ状態の親子の葛藤は計り知れません。

「もうあかん」と負の感情に押しつぶされそうになったら・・

 

誰にでもいいから助けを求めてほしい。

今いる環境からとにかく逃げてほしい。 

 

逃げれば絶対うまくいくわけじゃないけど、意外と人は優しいです。困っていたら手を差し伸べてくれる人はたくさんいます。 

そして、少し元気がある時に、環境を変えるよう努めてほしい。 

親子の愛とは別の形で愛を受け取れるかもしれないからです。 

 

いろんな方法で傷ついた心を少しずつ癒せばいい。 

 

少なくとも、私は意識的に環境を変えるので、ご縁をいただき、大切な人が徐々に増えています。 

大切な人がいれば、小さくても生きる意味をみいだせるかもしれません。 

困難な社会情勢が続いているけれど・・・ 

 

できれば生きて。 

 

死ぬほうが楽な気持ちはなんとなくわかる。 

でも・・死んじゃうと、間違いなく子どもにも親にももう会われへん。 

 

夫婦と親子の問題を混同すると人を追い詰める

離婚において、夫婦と親子の問題は切り離して考えないと、子どもはもちろん親も不幸になるかもしれません。 

 

子どもは一人の人間です。

親の所有物ではない。 

 

自身の葛藤による我が子と父親(母親)の引き離しは、「我が子や我が子の親」を死に追いやる可能性を秘めています。 

 

愛するモノを奪われると・・ 

元気そうに見えても平気なわけがない。 

生きるより死ぬほうが楽に感じるときはある。 

そんなとき、たまたま死ねる条件が整っていたら人は簡単に死ねる。 

 

今日、離れて暮らす妹からLINEがきました。日常的に連絡を取っている妹です。 

 

「元気?」って聞かれたから、

「生きてる!」って回答すると、

「よかった😭」って返ってきた。  

 

妹、泣いとるがな(笑)

こんな何気ない連絡が命をつないだりする。

お互いの心を通わせたりする。

気になる友人がいたら、今すぐ「元気?」って連絡しよう。 

 

タロウとジロウへ

なかなか事態が好転せず、今の環境に3人とも慣れてきたね。

そんな中、お母ちゃんの寂しさをキャッチしたのか・・ 

「ジロウも(お母ちゃんに会えなくて)毎日寂しがっとる!!」

とジロウのいないときに、お母ちゃんに強い口調で知らせるタロウさん。

励ましてくれてありがとう。 

お母ちゃんはタロジロに必要とされていないのかも、とたまに悩むみたいやわ(笑)。

 

ほとんどの子どもは、今いる場所から逃げ出せることを知らない。

家庭も学校も小さな小さな小さすぎる世界です。

大人になっても世界の広さに目を向けず、逃げ出さずに苦しみ、死んでしまう人すらいる。

 

逃げることは環境を変えることです。

恥でもなければ負けでもない。

環境が変われば、出逢いが生まれて、人生も変わる。

だから、お母ちゃんは逃げ方を教えてるんや。 

 

子どもだって自分の生き方を自分で選べる。

お父ちゃん怖いなら逃げてこい!

 

あ、お母ちゃん助けに行ったら警察に捕まるので悪しからず。

この現実を未来に残さないようにがんばるから。

自転車3分!逃げてこい!!

そして大好きなお父ちゃんに想いを伝えよう!

 

過ごす時間は短いけれど、濃く太くなる親子の絆に幸せをみいだそね。 

どんなときもタロウとジロウを想っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと大丈夫。

あなたも頑張って。