離婚調停で面会交流の協議を詰められる?心折れて無念な母

面会交流の協議をメインとした離婚調停を申し立て、かれこれ5か月以上が経過した今日この頃です。

審判から数えるとはや2年・・・タロウもジロウも大きくなったな。。 

 

 

もとい。 

いきなり結果発表ですが、離婚調停は不調に終わりましたwww 

 

理由はもちろん、お互いの面会交流の主張が折り合わなかったからですが、、 

裁判所からすると、面会交流の話は面会交流調停でよろしく~って感じです。 

母は裁判所の方々との会話に疲れてしまいました。 

 

 

 

私の離婚調停で面会交流の良い例をだして、厚かましくも誰かのお役に立てれば幸いと思っていましたが、気合が足りず・・・。 

 

自分の弱さと頭の回転のなさに負けました。 

いや・・・ほんとに厚かましいわ、私。 

 

 

 

はい。 

私が裁判所関係者との会話に疲れた理由は、私との正義が違い過ぎるからです。 

私は子どもたちの幸せを正義として協議してきましたが、裁判所は調停をまとめることを正義としています。 

私の主張する面会交流のあり方を、裁判所がタロウとジロウの幸せにつながると理解していても、彼らの正義ではないので子どもの幸せは二の次です。 

 

 

 

 

裁判所の面会交流の考え方への疑問点を、これでもかと綴って陳述書を提出した母ですが、功を奏さず残念。 

 

裁判所からしたら、相手方やなくて私らへの苦情か~~~~~い! 

 

とウケたことでしょう。知らんけどw 

私からの苦情だか質問だかには、折に触れて、主に調査官が一生懸命説明してくれましたが、私からすると・・・ 

 

 

何ゆっとんねーーーーーーん!!! 

 

 

という内容です。

ちなみに理解はできました。 

だから、正義が違い過ぎると感じたしだいです。 

 

なんでやねんポイントはたくさんありましたが、トップオブなんでやねんをご紹介します。 

 

 

「裁判官が調査官調査をしなかったのは面会交流調停じゃないから」 

 

 

子どものおかれている背景は同じでも、離婚調停だと調べる必要がないそうな。。 

調査官が同席しているのに、調査官調査へ至らなった理由を知りたくて、調査官に尋ねて帰ってきた回答です。 

 

「言っていいのかな・・・」 

と歯切れ悪く教えてくれた調査官さん、、完璧おかしいって思てますやん!! 

 

私は呆れてモノが言えなくなりました。 

裁判所の調停は裁判官の意思が絶対なのか、何かにつけて、「裁判官が決めるので」「裁判官が言っているので」と調停委員も調査官も話します。 

 

 

おかしいって思うなら、おかしいって言えよ!! 

私に言い訳すんな! 

だから、お役所仕事わって言われんねん!(※知らんけど) 

 

くそーーーー!・・・完璧に負け犬の遠吠えや、私。 

 

 

 

タイムリーに記事をアップしているので気持ちがまだ落ち着きません。。 

ご容赦くださいませ。 

 

母のボヤキをひっそりと(?)読んでくれる人が日々増えています。 

どれだけ苦しくても立っていられるのは、辛いのは私だけじゃないと知っているからです。 

どこかで誰かもきっと同じように苦しんでいます。 

 

 

会ったことある人もない人もありがとう。 

いつも心配してくれる友人にも感謝です。 

 

私は頑張ります。

 

タロウも頑張っています。 

裁判所と父親宛ての陳述書を私に託してくれました。 

母はくじけている場合ではありません。 

 

 

 

タロウ~

陳述書ありがとう!   

お母ちゃんは自ら行動に移したタロウを誇りに思う。 

踏み出した一歩は必ずタロウの世界を変えるから!! 

 

裁判所にタロウの声は届かんかったけど、お父ちゃんには届くかな。。 

次の作戦を一緒に考えようね。 

 

ジロウ~

元気?長いこと会ってへんね。 

タロウがジロウの気持ちも代筆してくれたよ。 

兄ちゃん頑張ってるで! 

泣きべそタロウの称号返上したげてなw 

 

重たいジロウを抱っこできるのを楽しみにしています! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと大丈夫。 

あなたも頑張って。