※ただいませっせとサイトメンテナンス中です。記事は読めますが質のバラツキがあります。「人気順」の上位記事が読みやすくておすすめです。とはいえお好きな記事でどうぞごゆるりとお過ごしください。

面会交流調停がダメなら審判?調停を超絶おすすめしない理由

面会交流調停をおすすめしない理由と、面会交流調停のびっくり落とし穴についてご紹介します。 おすすめしない理由より、落とし穴のほうが重要だったりするので要注意です。

離婚調停で調停委員にすすめられたけど、母は面会交流調停してへんよ。

面会交流調停で合意しなければどうなる?

子どもに会いたくて面会交流調停を申し立てて、結果を得られなければ次のステップは審判です。こんな感じで申立ては進みます。 

調停→審判→裁判 

離婚や親権で揉めていきなり裁判になるケースはまずありません(※母ペディア)。一般的に調停からスタートさせるのですが、話合いがまとまらないと不調に終わり、何も決まらない状態のままです。 

面会交流調停をしてもなんじゃかんじゃとよくわからん理由で、面会交流を拒まれるケースは多々あります。

月1回会うことすら叶わない場合も。

面会交流調停がダメなら審判へ

面会交流調停がダメなら審判で裁判官に決めてもらうことになります。

申立人
調停委員はアカンけど、裁判官ならわかってくれんちゃう?
審判では「調停での協議内容」を参照にするみたいやで。

両親間での話し合いがうまくいかなくても、裁判所以外の方法でなんとか解決策を探すのを私は強くおすすめします(※2019年時点)。弁護士費用を民間の面会交流支援に使うといいかもしれません。

面会交流の調停も審判もおすすめしない

面会交流の調停も審判もおすすめしないのはこんな理由です。

  • 調停も審判も裁判官が一緒 

わかりにくい!?

調停でも審判でも裁判所の基準は変わらない

調停でも審判でも最終的な判断基準は「裁判官」なので、内容はたいして変わらないはずです。

調停は裁判所でする話合いで、調整役に調停委員がいます。裁判官が登場するのは稀です。とはいえ調停委員は裁判官に相談しながら指示をもらいつつ、協議を合意できるよう進めます。一方、審判では裁判官が決めます。

調停や審判をする家庭裁判所は人手不足

家庭裁判所の裁判官は超絶忙しいらしいです。そして面会交流には暗黙の了解値があるので、おそらくその値を基準にしてサクサク判断されてしまう気がします(※2019年時点)。

暗黙の了解値→月1回程度、1回2-3時間

希望する面会交流とかけ離れた審判を出される可能性がある。
0→1には期待できるかも!?

我が町の家裁では週に2回しか裁判官は常駐していません。なのでその週2回で案件を処理する必要があります。想像しただけで労働環境はブラック。我が町だけに限らず全国的に家裁の職員数は足りていないそうです。

裁判所の人手不足は、離婚問題においては「子どもを置き去り」にする事態に!? 

面会交流の不備を訴える親がいるくらい裁判所は微妙

面会交流の法の不整備を国に訴える、集団での損害賠償請求の裁判があったようです。2019年11月22日、東京地裁は「立法措置が必要不可欠だとは認められない」と請求を退けています。くしくも共同親権を求める国賠訴訟が東京地裁に提訴された日と同日です。

親子が親子らしい関わりをもつためには、共同親権を実現するとともに、家裁への予算と人員の確保も大切だと思います。いや必須やな。

DVなどに対するしっかりとした法的整備も必要不可欠!

なにぶん裁判所以外でなんとかする選択肢も頭に入れておきましょう。そして最後にびっくり落とし穴。

面会交流調停が不調になると自動的に面会交流審判に移行します!! ※2019年時点


あなたはどうする?

母の近況2019年11月時点

こちらは愉快な面会交流の調整がマダ夫と続いております。息子のタロジロたちも頑張って応戦しておりますが、敵はなかなか手ごわいです。いや、父は敵ではない。

タロウは「なんぼ言うたって無駄やねん」と少々意気消沈。ジロウは「ジロウは何回も言うとる!でもアカン言うねん!」と困惑。

どんくさい母の力量が問われます。




きっと大丈夫。
あなたも頑張って。 

「母・遠隔育児中」と「note」 の更新をお知らせします!!