嘘つき親は踏み絵を好む!同居親からの洗脳をとけ!

嘘つき親は子どもを混乱させている現実を直視できないようです。

もしくは、混乱させている事実すら理解できない・・・? 

 

子どもをテテテ~っと連れていき、別居や離婚を始めた同居親さんには、平気で子どもに嘘を吹き込む人がいるようです。

・・・誰とは言いませんがwww 

同居親の嘘や嘘に類似した言動は、いとも簡単に子どもを洗脳できます。 

断言します。必ずできます。

同居親の嘘による「洗脳」は、少し頭を働かせれば「そらそうか!」と理解できますが、「そらそうか!」と思っている人は多くないのが私の肌実感。 

 

単独親権の深刻な問題の一つといえる洗脳について、嘘つきの観点からぶつぶつお話してみますw 

 

 

 

同居親は我が子になぜ嘘をつくのか?

同居親が愛する我が子になぜ嘘をつくのか勝手に考察すると、2点ほど理由が思い浮かびます。 

 

・嘘だと思っていない

・精神的に未熟

 

精神的に未熟だから、嘘を嘘だと思っていないといえるかもしれませんが、、、 

大別すると、これら2点が嘘つきの原因(※母ぺディア)。 

 

別居や離婚をするくらいなので、子どもと同居親さんは、別居親さんを好きでないケースが圧倒的多数でしょう。 

自分が嫌な奴だと思っている人物は、周囲にとっても嫌な奴だと勘違いしている人は結構います(※知らんけどw) 

そんな思考の同居親さんは、子どもの前で別居親さんを悪人のようにしてお話する傾向が・・。 

すると、、、 

 

瞬く間に子どもは同居親さんの意見に同調しはじめ、数年も経てば立派に洗脳完了!! 

 

同居親さんは「そりゃ当然!あいつは嫌な奴ですもの」と悪びれる様子はありません(※知らんけどw)。 

めでたく別居親さんを嫌いになります。 

 

まともに我が子と会えない別居親に限って我が子から嫌われる、という不思議な現象が日本中で起きています。 

親子の時間を共有していない別居親の人間性や人柄を、子どもはどうやって判断したのでしょうねwww

はい、いわずもがな・・答えは簡単!! 

 

嘘や偏った思考による洗脳作業が、日常に入り込んでいるからです。 

嘘をついている認識があればまだ救いがありますが、別居親悪人説を当然とする同居親のもとで暮らす子どもは不幸極まりない・・・。 

ちなみに、この状況を虐待といいます。 

40代前後以上の多くの日本人には、虐待と結びつける感覚はあまり備わっていないようですが。。。間違いなく虐待です。 

 

そしてそして、 

精神的に未熟だと、自分の保身のために嘘を一生懸命並べたて、すべては子どものためあなたのためだ 

と、そんな同居親さんほど真剣に言い放ちます(※知らんけどw)。 

もはや子ども以上に可哀そうな状況かもしれません。。。 

  

 

子どもが嘘つき同居親を信じる理由

同居親の嘘や偏見を子どもが信じる理由はただ一つ。  

生きていくため 

です。 

 

守ってもらう人がいないと生きていけない子どもたちは、サバイブするためにどのように振舞えばよいのか、驚くほど周囲を観察して考えています。 

別居や離婚している家庭において、同居親は子どもにとって絶対的な存在です。 

同居親が、太陽は地球の周りを回っていると言えば、その瞬間から地球の公転はなくなります。 

子どもは公転を知っていても太陽が地球の周りを回りだし、数年たてば間違いなく天動説が子どもの頭と心に刻み込まれるのです。 

 

誰に従順しておけば自分が生きていけるか、子どもは本当によく理解しています。 

特段問題のない家庭でも子どもを侮るなかれ! 

 

「うちの子は親の気持ちをよくわかってくれているな~」と呑気に構えていると、フトしたときに足元をすくわれるかもしれません。 

なぜなら・・・

 

 

子どもたちが大人に合わせている 

 

 

からです。 

大人は生きてきた時間が長いぶん、無駄なしがらみや価値観をまとわりつけており、大切な普遍性を見失うケースが頻繁にあります。 

新型コロナウイルスにおける、行政の決断スピードや社会全体の判断力を振り返れば、「まんべんなく人と同じことが善」として、問題の核心を無視する日本人がいかに多いかよくわかるでしょう。

 

 

間違った常識をさも常識のように子どもの押し付け、その常識から外れた子どもを平然と批判する大人はとても多いです。 

グローバル化から次のステップへ進もうとするこの時代になってもです。 

多様性もへったくれもありゃしないw 

 

なんせ・・・ 

子どもは生き抜くためなら、嘘だとわかっていても嘘を真に変換し、自ら同居親の洗脳へと足を踏み入れます。 

 

 

子どもを洗脳から守るために別居親ができること 

子どもが洗脳されないために別居親ができることは、たぶん、つながり続けることぐらいです。 

面会交流できているケースでは、まともな世界に引き戻せるように、これでもかといわんばかりの愛情で我が子に接しましょう! 

月に数回どころか年に数回しか会えない状況でも悲観せずに、親子としてのつながりをどうにかして続けてください!! 

会えないなら電話や手紙、記念日のプレゼントなど、どんな手段でもいいから、つながれる方法を探してください!! 

 

日本の親権制度が単独親権のままである歪は、子どもの洗脳や虐待にも大きな影響を与えています。 

民法改正により共同親権が導入され、共同養育が当たりまえの世の中になる時代はすぐそこです。 

きちがい扱いばかりされる私ですが、私が思い描く親子や家族の形は、大人になったタロウとジロウに胸を張れると自負します。 

 

タロウとジロウへ

タロウ~ 

大好きないとこたちに悩みを相談してよかったね。 

洗脳されかけた人間がまともな世界に戻ってくる瞬間を目撃したわ。。。 

 

あなたを知っている、

あなたが好きな人が観察した、

あなたの景色は、

だいたい真実です。

 

「お父さんに意地悪されとるん?」

「お父さんやおばあちゃんに監視されとるん?」

「タロウとジロウ可哀そう」 

 

いとこたちからかけられる言葉に、一生懸命答え終わったタロウの表情は、どこかスッキリしてたな。 

言葉にして伝える大切さを忘れないでください。 

 

ジロウ~ 

いとこからの疑問に、控えめに回答するタロウの横にて、、、 

「違うし」

「もっとあるし」

「いっつもやし」 

 

との、否定&加算作業お疲れ様ですw

ジロウは洗脳されにくいぶん、生きていくのがしんどくなるときが多いかもしれへんね。 

 

お母ちゃんはどんなときでもジロウの味方です。 

お皿舐める食事作法はできたらやめてほしいけど・・・w

見ている世界を自分の基準で判断できるジロウを、お母ちゃんは誇りに思ってる!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと大丈夫。 

あなたも頑張って。