外の世界を知る魔法!連れ去られても子供が元気なら案外幸せ?

外の世界を知れば知るほど、自分のおかれた環境は、案外幸せかもしれないと思える今日この頃です。 

別居親さんや連れ去られ親さんは苦境の日々が続き、絶望を感じている毎日かもしれません。 

タロウとジロウを不覚にも連れ去られた私は、月並みですが胸が引きちぎれるような日々です(※私も連れ去ったけど)。 

でも、マダ夫から逃げて再会しようと決めてから今まで、ふとした時に、不幸ではなくむしろ幸せかもと頭によぎらなくはない(※どっち?w)。

 

もがき苦しむ気持ちをどうやって自分で支えて、日常を生きていくかのか、今回の小話が一つの参考になれば幸いです。 

 

外の世界を知れば自分以上に苦境の人がいる 

外の世界・・諸外国と比較すれば、日本ではよほどのことがない限り、ご飯を食べて寝る場所があり、それなりの教育も無料で受けられます。 

私は数か国だけですが海外をホロホロしており、タロウとジロウとは東南アジア2ヶ国での滞在を経験。 

子どもたちと初めて渡航したフィリピンでは、わらわらと溢れているストリートチルドレンに度肝を抜かれます。 

 

「お金ちょーだい お金ちょーだい」 

と毎日群がってくる子どもたちを目の当たりにした私はフリーズ。 

タロウとジロウはきょとん。。。 

 

お金あげられるけど、食べ物もあげられるけど、あげたところで・・・です。 

なんともいえない虚無感で私は胸がいっぱいになるのですが、それは物乞いする子どもにショックを受けたわけではありません。 

 

 

ストリートチルドレンみなが、いつも屈託のない笑顔をしているからです。 

 

 

彼らの様子を見る限り、どうみても幸せそうなので、私は心の整理をつけられず葛藤します。 

自分の狭い価値観を情けなく思うとともに、、、 

 

小さな世界に籠っていると、幸せの尺度をはき違えるかもしれない 

 

とつくづく感じるアラフォーの母。 

 

マダ夫が別居に承諾してくれないのが辛くて、シレっと距離を置くために滞在したフィリピンで、思いがけない学びを得ます。 

4歳になったばかりのジロウは楽しいのみでしたが、小学2年生のタロウと私は、日本で暮らせることのありがたさをひしひしと感じる旅でした。 

 

・・・にも関わらず、フィリピン渡航の1年後の2017年にマダ夫から逃げ出す私のダメっぷり。 

 

 

なにぶん、、 

外の世界には、日本では想像もできない苦境にさらされた生活をしている人が、ゴマンといるのは事実です。 

 

 

外界との交わりは幸せな環境を気付かせてくれる?

少しだけでも自分の外の世界を知ると、今いる環境を客観的に観察できるかもしれません。 

その場所が海外なら、自国の良さを外から俯瞰でき、日本がいかに幸せに生きていける国かを再確認できます。 

外国が極端と思うかもしれませんが、飢餓や戦争で苦しんでいる人々は、同じ時に同じ地球上で生活中。

 

 

日本人なだけで私たちはかなりラッキーです。 

 

 

2020年現在、コロナでパンデミックとなり世界中が騒然としています。 

日本の衛生環境と医療体制にあなたは感謝していますか? 

これだけ清潔で誰でも医療を受けられる国は、世界中探しても日本だけです(※母ペディア)。 

毎度、日本社会についてボロカス綴っている私ですが、実は日本が大好き。

もっといい国になればいいのにと、憂いでいる結果のボロカスです(笑) 

 

 

子どもと暮らせていなくても、子どもが同居親のもとで元気なのであれば、案外幸せかもしれません。 

愛する我が子が餓えることなく、寒さに震えることなく、教育も受けられているからです。 

 

子どもに会いたい思いが募ったとき、我が子はどこかで元気に生活していると想像してみましょう。 

少し気が楽になるかもしれません。。。

 

 

いろんな外の世界を知って人間性を磨く 

いろんな外の世界を知って、親としての人間性磨きをしてみると、少しは辛い日常の気分転換になりそうです。 

当たり前が当たり前ではないと気づける人は、きっと幸せ探しに長けていて、豊かな人生を送れそうな気がします。

 

子どもたちと親子らしく関われるそのときまで、我が子に恥じない生き方をしていれば、子どもたちはきちんと私たちに向き合ってくれるはずです。 

 

子どもに会えずに絶望しているお父さんやお母さん。

死なないで。 

子どものために生きて。 

 

辛いけど周囲を見渡そう。 

ここにあなたの気持ちを多少なりともわかる人間がいます。 

一人やないから。

 

 

 

 

タロウとジロウへ 

地球儀もってきてくれてありがとう。 

くるくる回してしょっちゅう3人で世界旅行してたよな。 

またいつか飛行機に乗ってどっかの国へ旅しよう! 

タロウの苦情を解消すべく、次回はモニター付きの飛行機を予約します。 

 

タロウとジロウには世界中をみてまわってほしいです。 

ふれる世界が多いほど、実りも多い人生になると思うんや! 

だから・・・ 

お母ちゃんがいない今の環境も楽しんでや!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと大丈夫。 

あなたも頑張って。

「母・遠隔育児中」と「note」 の更新をお知らせします!!