認知の歪みを治せずピンチ!敵帰属バイアスの原因と解消法とは?

敵意帰属バイアスは、なんでもかんでも悪意に感じてしまう、はた迷惑な認知の歪みです。 

はた迷惑なのでイラッとしますが、しつこく続くと笑えてくる認知の歪みでもあります。

その敵意帰属バイアスを、私に対してバンバンかけておられるのがマダ夫。 

タロジロがバンバンに迷惑を被っておりますが、私の軟弱なコミュ力ではなかなか太刀打ちできません。 

 

別記事でも敵意帰属バイアスについてふれましたが、その解決方法を小耳にはさみましたので共有したと思います!  

 

 

敵意帰属バイアスを解消させる方法 

敵意帰属バイアスにかかっている人は、相手の言動すべてに悪意を感じて、つじつまの合わない言動で攻撃を繰り返すのが特徴です。 

そしてそのバイアス解消方法は・・・ 

 

バイアスのかかっている人に自信を持たせてあげる! 

 

だそうな。

敵意帰属バイアスにかかる人は自信がないらしいです。

なるほど。

 

 

加えて、説明しても説明しても理解を示さないのは、バカにされていると感じるからだそう。 

なるほどなるほど。

 

 

さらに、再現性があって何度もバイアス状態を繰り返すらしい・・・ 

なるほどなるほどなるほど。

 

 

間違いない!マダ夫は敵意帰属バイアスとお友達!! 

 

自信ね・・・ないんやろうね。 

私もないけど。

 

でもどーやって自信をもたすねーーーーーん!! 

タロウとジロウと自分に自信をつけるだけで精いっぱいよ~~ 

 

 

 

敵意帰属バイアスが原因で家族崩壊に拍車!

子どもたちとの面会交流の調整を、直接マダ夫とLINEで連絡取り合っているのですが、ニッチモサッチモいかない状況が続いています。

面会交流内容をメインに離婚調停(2019年-2020年2月)もしていますが、協議はまともに進んでいません。 

むしろ、もう離婚調停やめようよ~と全員から促されています。 

マダ夫だけでなく、裁判所からもね・・・。 

 

 

もしや、私の認知が歪んでる??? 

 

 

調停中の面会交流については、裁判所はなんらお手伝いしてくれませんので、弁護士を解任した私は自力でなんとかする必要があります。

 

 

建設的に話をしようとすればするほど、私はマダ夫の認知をさらに歪めて追い詰めるらしいです。 

 

回答できなくなったマダ夫の最近の必殺技は・・・ 

「あなたの連絡には恐怖を感じるので、これ以上のやり取りはしません!」

です。

 

 

・・・恐怖を感じると思います。 

マダ夫は私が「あ」といえば「とんでもないこと言うな!」という心理状態だからです。 

 

どーしたらいいもんだか。。 

前回は思いやりとかそういったものが必要・・とまとめましたが、さてはて。 

 

自分が変わらないことにはどうしようもないと分かっているのに、 

 

「こっちの方こそ何年も恐怖やねん!ふざけんな!!」 

 

とか思うからいけないのでしょうか・・・。 

もちろんマダ夫の罵詈雑言は基本スルーしていますが、心の声がLINEに伝わっているのかもしれません。 

 

 

敵意帰属バイアス解消への敵は己?

敵意帰属バイアスの原因と解消方法がわかっても、実践するのはなかなか難しいです。

 

ちなみに、、、 

子どもと離れ離れになったお父さんが、面会交流についてお母さんに連絡すると、ストーカーとかで訴えられる事案が多々あるそうな。 

まさに自信のなさの表れでしょう(※もちろんほんとにやばい人もいる)。 

自分の感情に負けて、子どもの幸せを考えられない、可哀そうな認知歪み状態です(※知らんけど)。 

 

 

 

人間力が試される毎日です。 

 

マダ夫と連絡を取るたびに負の感情が沸き上がってきます。 

処理できない心のモヤモヤに押しつぶされそうになります。 

 

でも、タロジロはお父ちゃんが大好きです。 

 

 

認知バイアスで自分を見失わないようにしたいです。

家族の修復作業を決めたからには頑張ります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと大丈夫。

あなたも頑張って。

「母・遠隔育児中」と「note」 の更新をお知らせします!!