8月もご訪問ありがとうございます!強くしなやかな心を育むサイトを構築中です。只今は「自己肯定感」の記事を強化しています。あなたの幸せがアップする夏になりますように🌞
CATEGORY

親権制度

  • 2022年8月5日

子育て失敗3パターンと自己肯定感だけでは無理な理由/ヒント:親権制

失敗する子育てを知ってリスクヘッジしたいけど、情報が溢れすぎてよくわからなくなりませんか。

「子育て難しいな。頑張ってるけどモヤモヤする子育てになってる。自己肯定感さえあれば大丈夫なのかな?そもそもなんか子育てしにくない?」

こんな不安の解消方法に答えていきます。本記事の内容は次の通りです。

  • 失敗する子育て3パターン
  • 失敗しない子育てへの注意点
  • 失敗する子育ては親権制がうみだした?
  • 子育てする上で一番大切なこと

この記事を書いている私の子育て歴は13年すこし。だけど2022年7月までの4年間は愛息子たちとの親子時間はないに等しいです。実子誘拐による離婚が理由になります。

この1年くらいの親子時間は多くて22時間/月。自由に会えない環境でも私たちは「親子の絆」を結んでいます。 続きを読む

  • 2022年7月19日

前澤ひとり親応援基金の大きな問題点!親子の本質と共同親権への希望

前澤ひとり親応援基金の「養育費安心受取りサービスについて考えてみます。

養育費安心受取りサービス
・ひとり親の社会的問題の解決へ
・前澤友作氏が2020年母の日に立ち上げた基金
・社名は「株式会社 小さな一歩」

※2021年時点サービス一時停止

「いろいろあった親がかっこいい背中を子どもに見せ続けられるように」と前澤氏。

コロナ渦において、ひとり親にまつわるさまざまな問題がニュースとなっています。国民の関心が高まる中での、基金と会社設立のスピード感にはうなるばかりです。  続きを読む

  • 2022年7月19日

離婚裁判で親権を失うカウントダウン開始!本当の幸せって?

2020年6月8日に離婚裁判を申し立てられた私はまもなく親権を失います。

これまでの簡単な経緯
 ※私が申立人
2017年12月「子の引き渡し・監護者指定の審判」開始
2018年某月「即時抗告」棄却
2020年2月「離婚調停」不調
現在「もうなにもしない作戦」約4ヵ月経過

2017年夏に愛息子タロジロたちと一緒に家を出てから、なにかしらアクションを起こすのは私です。なのにタロジロは今いない。

ええ。各ターニングポイントにおける、私の選択はもはや秀逸的にアホなんでしょう。

せっかく親権を失うので今の気持ちをしたためておきます。あと私の考える幸せについても。 続きを読む

  • 2022年7月19日

単独親権と虐待/親子に優しい制度が子育てを優しくする

単独親権を虐待から考察して私たちの社会通念を探します。虐待を親子や家族の問題としてとらえるだけでは社会は優しくなりません。

個の問題は社会の問題やで

家族の問題の陰にはたいがい「親権制」が潜んでる。

単独親権の概要と虐待の実態

日本の婚姻外単独親権制のルーツと虐待の実態数値をみていきます。

単独親権制は明治民法がベース

単独親権制は明治民法の家制度がベースになっています。親権はもともと「父権」で単独親権だったそう。戦後1946年に民法改正が実施されていますが、あらゆる影響により不全感を残したままです。単独親権制を含む現在の家族法には、家制度の名残が詰まっています。 続きを読む

  • 2022年7月19日

単独親権の問題点/子どもを守るのは社会の賢さで優しさ

単独親権の社会背景と母親が子どもの命を奪った事件についてご紹介します。

日本の親権制度は独特な価値観を形成して、あらゆる社会問題を引き起こしています。家族をはじめとした人間関係のトラブルは、「親権制」から派生している節が否めません。

親子関係は人間関係の基礎だから

日本人と結婚したタイ人お母さんが、愛する我が子を手にかけた事件を、親権制の側面から考えてみます。

単独親権制を採用する先進国唯一の国

単独親権のみを婚姻外の親権制として採用しているのは、先進国では日本だけです。欧米諸国では約半世紀前から共同親権へ法改正しています。 続きを読む

  • 2022年7月19日

共同親権で子の連れ去りはなくなり共同養育できるのか?分厚い壁が見える

離婚後単独親権制の私たちの国が共同親権になれば、子の連れ去りなどの親子や家族の問題はなくなるのでしょうか?

私はトラブルはなくならない気がします。法律が変わるより大切なモノがあると思うからです。

家庭崩壊渦中だと見失いがちになる共同親権のお話しをします。 もともこもないソモソモ論かも。

共同親権を求める国家賠償訴訟の提訴

2019年11月22日、離婚後の共同親権を求める国家賠償責任訴訟が、東京地裁に対して提訴されました。親子の時間を単独親権によって離婚時に奪われたとして、子どもに会えなくなっている親たちが、国に対して責任を問う訴訟です。

この「共同親権訴訟(養育権侵害訴訟)」は全国初の試みで、今後、世論を巻き込んで民法改正へと進んでいくと思います。政府は離婚後の共同親権をすでに本格検討中で、法務省は海外の事例を調査したり研究会を設けたりしていると発表済みです。 続きを読む

  • 2022年8月10日

共同親権とは?【日本再生の希望】現状の問題点やメリットデメリット

共同親権とはどんなシステムで、日本の親権制にはどんな問題があるのかをご紹介します。親権制から分断親子に陥った母による、当事者目線から問題の本質をつく説明です。

この記事を読むと家族の概念や子育ての幅が広がります。ついでに日本沈没の意味を親目線で理解できます。

親権制は家族の概念を投影
家族は社会の基盤

ライフジャケット記事です。
沈没にお備えください。
ちなみに母はカナズチです。

共同親権とは

共同親権とはお父さんもお母さんも親権をもち、子どもを守り育んでゆくシステムです。親権は子どもの利益のために行使します。 続きを読む